愛媛のバレエスクールは美しい姿勢・美しい心を養う美佳バレエスクール

お電話でのお申込み・お問い合わせ

0898-31-7775

美佳バレエスクールへのお問い合わせ
コンタクトフォーム
HOME > 講師紹介

講師紹介

山口 美佳 -Mika Yamaguchi-

yamaguchi

埼玉全国舞踊コンクールにて橘秋子賞(指導者賞)受賞
東京新聞主催全国舞踊コンクールにて、優秀指導者賞受賞、その後の審査により優秀指導者賞受賞者の中で、ただ一人選ばれる指導者大賞を受賞。
その後多数指導者賞を受賞。

2008年第14回公演 美佳バレエスクールオリジナル作品「オンディーヌ」山本康介振付

1964年 ヨシイバレエ芸術学園にてヨシイ潤一・正子に師事
1982年 第1回四国バレエコンクールシニアの部第2位入賞
同コンクールにおいて創作の部で優秀賞を受賞
1987年 第20回埼玉全国舞踊コンクールにて朝日新聞社賞を受賞
1989年 今治市に山口美佳バレエスタジオを設立
1991年 全国合同バレエの夕べにて、ジゼル2幕でミルタ役を務める
1993年 第1回公演「ジゼル」全幕上演
1995年 第28回埼玉全国舞踊コンクールにて、橘秋子賞(指導者賞)を受賞
1996年 第2回公演「コッペリア」全幕
1997年 第3回公演「コッペリア」全幕
1998年 第4回公演「ジゼル」全幕
1999年 第5回公演「ジゼル」全幕
2000年 第57回東京新聞全国舞踊コンクールにて、優秀指導者賞を2年連続受賞する
第6回公演「ラ・シルフィード」全幕
2001年 第7回公演「ラ・シルフィード」全幕
2002年 第8回公演「シンデレラ」全幕
2003年 第9回公演「シンデレラ」全幕
第60回東京新聞全国舞踊コンクールバレエにて、優秀指導者賞を受賞する
その後の審査により優秀指導者の中でただ一人の指導者大賞に選ばれる
2004年 第10回公演「ジゼル」全幕
2005年 第11回公演「ジゼル」全幕
2006年 第12回公演 竹内登志子振付「タンゴのための4人」を上演し、四国中央市特別公演を開催
2007年 第3回ザ・バレコン福岡にて、優秀指導者賞を受賞
愛媛県民総合文化祭の開会式に、スクール生山本康介振付「レ・パティヌール」で出演
第13回公演 美佳バレエスクールオリジナル作品「オンディーヌ」山本康介振付
2009年 第5回ザ・バレコン福岡にて、優秀指導者賞を受賞
第15回公演 美佳バレエスクールオリジナル作品「アナスタシア」山本康介振付
2010年 第6回ザ・バレコン福岡にて、優秀指導者賞を受賞
第16回公演 美佳バレエスクールオリジナル作品「アナスタシア」山本康介振付
第10回オールジャパンバレエユニオンコンクールにて、指導者賞を受賞
2011年 ひめぎんPresents Kosuke Bill With岡山フィルハーモニック管弦楽団で「椿姫」上演
現在、公益社団法人日本バレエ協会正会員 四国支部運営委員

山本 康介 -Kosuke Yamamoto-

yamamoto

英国ロイヤルバレエスクール首席卒業
元バーミンガムロイヤルバレエ団シニアソリスト。国内外でバレエダンサーとして多数受賞。
現在、ダンサーとしてだけでなく振付家としても活躍中。

1996年 13歳という若さで名古屋世界バレエ&モダンダンスコンクールにおいて審査員特別賞受賞
ポーランド国立オペラ劇場からニジンスキー賞を受賞
1998年 秋、英国ロイヤルバレエスクール入学
ゲイリーン・ストック、ゲイリー・ノーマン、ブルース・サンサム、レスリー・コレアに師事
学校公演において”ライモンダ”のジャン・ド・ブリエンヌ(ヌレエフ)、”田園の出来事”のコリア(アシュトン)、”踊りのとき”(ウェルシュ)を前首相トニー・ブレア夫妻臨席のもと踊る
また、この頃より振り付けに興味を持ちロイヤルバレエスクール主催の振り付けコンクールにおいてアーノルド・ハスカル賞受賞
首席として卒業し、ニネット・デ・ヴァロワ賞も受賞
2000年 バーミンガムロイヤルバレエ入団
入団した年に”カルミナ・ブラーナ”のナイーブボーイ(ビントレー)、”白鳥の湖”のベンノ(ライト)、”リーズの結婚”のアラン(アシュトン)などでデビュー
ビントレーの”四季”と”テイクファイブ”においては世界初演時のオリジナルキャスト
ソリストに昇格してからはビントレー、ライト、アシュトン、クランコ、マクミラン、バランシン、ニジンスキー、フォーキン、サープのバレエでプリンシパル、ソリストを務める
ゲストとしてはニューヨークのバランシン、アシュトンの追悼記念フェスティバル、ハンブルグのガラ公演、ミュンヘンのクランコ追悼ガラに出演
ダンサーだけではなくバレエ団の公演においても”月の光”、”冬の終わり”、”ダンスコンサルタント”、”シンフォニックヴァリエーション”等の振り付けも手がける
サマースクールにおいても指導にあたる
2010年 日本に活動の拠点を移し、”コッペリア”、”眠れる森の美女”の振付改訂も手掛ける
これまでの文化活動の功績が認められ『テレビ愛媛賞30』を受賞

篠原 恭子 -Kyoko Shinohara-

shinohara2

日本大学芸術学部演劇学科洋舞コースにて舞踊理論やコンテンポラリーを学ぶ。
在学中、バレエシャンブルウエストに入団し、清里フィールドバレエや新国立オペラ劇場にて「天上の詩」などの公演に出演。

1991年 四国バレエ・コンクール児童の部 入選
1993年

1997年
四国バレエコンクールジュニアの部 入選
1998年 日本大学芸術学部演劇学科洋舞コースに入学し、舞踊の実技や理論を学ぶ
同時に、川口ゆり子バレエスクールに入学し、川口ゆり子、今村博明に師事
1999年 バレエシャンブルウエスト入団。
2002年 美佳バレエスクールバレエミストレスとなる

篠原 久美子 -Kumiko Shinohara-

shinohara1

東京新聞主催全国舞踊コンクールバレエジュニア部入選
日本女子体育短期大学舞踊専攻にて舞踊や理論を学ぶ。(ADI)資格認定取得。
在学中、バレエシャンブルウエストに入団し、公演に出演。
当スクールでの指導歴12年を超える。

1994年

1998年
四国バレエ・コンクールジュニアの部 入選
1996年

1998年
第12・13回全日本バレエ・コンクール第6回アジア・パシフィック国際バレエ・コンクール四国代表に選ばれる
1998年 第54回全国舞踊コンクール(東京新聞主催)バレエ・ジュニア部入選
日本女子体育短期大学 舞踊専攻入学
モダンダンス、スペイン舞踊、日本舞踊、タップダンス等の各種舞踊や舞踊概論、解剖学等を学ぶ
同時に、川口ゆり子バレエスクールに入学し、川口ゆり子、今村博明に師事
1999年 バレエシャンブルウエスト入団
2000年 エアロビックダンスエクササイズインストラクター(ADI)資格認定取得
モダンダンスの講義にて選ばれ健美祭にて、創作ダンスを踊る
日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業、卒業式にて総代を務める
美佳バレエスクールバレエミストレスとなる。
公益社団法人日本バレエ協会正会員
金生幼稚園(四国中央市)のリズム教室の担当

石村 千枝 -Ishimura Chie-

chie

 

3才~ ピアノを習う(一色由佳里、山崎育世に師事)
11才 全四国音楽コンクールピアノ部門 入選
6才~ クラシックバレエを習う(美佳バレエスクール)
1999年 四国バレエコンクール 児童の部 第6位入賞
第8回アジアパシフィック国際バレエコンクール四国代表
15才~ 声楽を始める(友澤従子に師事)
2003年 愛媛高等学校独唱コンクール 優秀賞
18才~ 昭和音楽大学 声楽学科入学(大藤裕子に師事)
2007年 イタリア研修
在学中出演した主な作品
学園・オペラ『夢遊病の女』・『メサイヤ』合唱出演
2006年

2008年
地元で行われるコンサートの参加
新居浜サマーコンサート、プチムジカ演奏会 出演
2013年 ミス・ユニバース 山梨大会 ファイナリスト。
2013年

2016年
ピアーチェカンターレコンサート 出演。
2016年

現在
徳島在住オペラ歌手 井上ゆかりに声楽を師事
2016年 新春オペラコンサート 『女心のオムニバス』
主催 四国まん中アートコロニー 賛助出演 合唱団

若狭 真由 -Wakasa Mayu-

wakasa

 

4才~(1992年) バレエを習う
13才~(2002年) 美佳バレエスクールにて山口美佳に師事
2003~2006  第9・10回アジア・パシフィック国際バレエ・コンクール、第17回全日本バレエ・コンクール四国代表に選ばれる
2007~  Goh Ballet Academy カナダに留学
主に出演した作品「くるみ割り人形全幕(chineseの役)」「ドン・キホーテ」「ナポリ」島崎 徹 作品 「RISE」
2010 帰国後、FTPピラティス・ベーシックインストラクター資格認定取得
新居浜にて「studio PIENA」設立 のちに「マユエコールドバレエ」に名変更
2014~ フィッタ新居浜にてバレエ講師を務める
2016 第19回美佳バレエ公演にて「2羽の白鳥」を踊る
現在 3人の子育てと両立しながら日々精進している
入会費無料キャンペーン
Copyright © MIKA BALLET SCHOOL All rights Reserved.